集客力を最大化する、ワードプレス・サイトの作り方!

集客力を最大化する、ワードプレス・サイトの作り方! セミナーのご案内。

ベストセラー「ワードプレスの教科書」の著者であるプライム・ストラテジー株式会社、月間30万PVを10か月で達成した婚活サイト「まりおねっと」等、多くの方を導いた高橋聡が、集客できるワードプレスサイトの、作り方を教えます

このセミナーの目的。

先日当社の会員さんから、次のようなご質問を頂きました。

「リニューアルした新サイト、素晴らしいですね。サイトのナビゲーションが変わったので、さっそく当社も同じように変更しました。ご覧になってご意見を頂けないでしょうか?」

ご存じかも知れませんが、いまご覧になっているサイトは、最近リニューアルしたものです。毎月12万ほどアクセスがあり、多くの集客ノウハウを注ぎ込んでいます。

私が自社サイトを変えたわけですから、同じようにサイトを作ろうと思うのは、自然なことだと思います。ただ先ほどの方には、次のように伝えました。「そこは絶対に真似しないで下さい。御社が同じように作れば、集客力は確実に下がります!」

なぜかと言えば、サイトのデザイン・レイアウトは、集客設計を踏まえて作るものだからです。集客設計を踏まえずにデザインを考えても、決して集客は成功しません。

今回のセミナーは当社の集客設計を説明し、なぜこのような外観になったのか、1つ1つ丁寧に解説します。新旧サイトを対比させて説明するので、とても分かりやすい内容です。レスポンシブ対応するために、どんなテーマにしようか悩んでいる方には、大変ためになるでしょう。またワードプレスに留まらず、サイトリニューアルを考えている方にも、役立つ内容です。

それでは、どのような内容なのか、1つ1つご説明しましょう。

セミナーの内容。

今回のセミナーは当社サイトを事例として、集客の仕組みを解説します。集客の急所を網羅したセミナーになりますが、当然このページでは開示できない内容を、数多く含みます。ですのでこれから開示する内容は、本セミナーのほんの一部に過ぎないと思ってください。

どんなテンプレート(ワードプレスのテーマ)を、選ぶべきか?

多くの方はテンプレートを、見栄えで選ぶ傾向があります。ただこれは危険です。なぜならサイトの見栄えを決めるは、画像のクォリティーだからです。見栄えにおいてテンプレートの影響は、そんなに大きくありません。むしろテンプレートで大事なのは、動線設計です。仮に3カラムのテンプレートを選べば、その時点で動線のとり方は制約されます。そして動線設計は、集客に決定的な影響を与えるのです。このセミナーでは、動線設計の理想を示し、正しいテンプレートの選び方を説明します。

スマホサイトの、あるべき姿とは?

スマホ対応がグーグルの検索順位に影響するようになって、スマホ集客のためにレスポンシブサイトを、作っている方も多いと思います。検索結果の表示順位を下げないためにも、レスポンシブ対応は重要です。ただせっかくレスポンシブ対応にするなら、上位表示だけでなく集客効率(コンバージョン率)もアップするように作りたいものです。スマホサイトのポイントがどこにあるか、シッカリ理解して下さい。この説明を聴けば、費用をかけずにスマホ集客を最大化することが出来ます。

アイキャッチ画像を、どのように活用すべきか?

アイキャッチ画像は、文字通りユーザーの視点をキャッチするためにあります。視点を止めることは集客に不可欠で、アイキャッチ画像は重要な意味を持ちます。このセミナーではアイキャッチ画像の表示場所、表示の仕方、そして画像の作り方まで説明します。

なぜランディングページを、1カラムにしないのか?

ランディングページは、視点の分散を避けるため、1カラムにするのがセオリーです。ところが当社は1カラムにしていません。なぜ1カラムにしなかったのか、その理由を説明します。これを知れば、集客は外観だけで見ても無意味なことが、良く分かるでしょう。集客で最も大事なことを説明します。

集客力を決定する、最大のポイントとは?

集客力を決める、最も大事なポイントを説明します。これを守るか否かが、運命の分かれ道! そこまで言い切れるほど、重要なポイントです。集客効率(コンバージョン率)に最大の影響を与えるポイントを、「ズバリここだ!」と説明します。このセミナーで、最も大事なポイントです。

いかがでしょうか? ワードプレスのセミナーは世の中にたくさんありますが、その殆どはアクセス増に主眼を置いたものです。このセミナーの主眼は違います。問合せ増です。すなわちどのようなデザイン・レイアウトにすれば、問合せが増えるのか? コンバージョンを高めるポイントを、シッカリ分かってもらいます。

なお今回のセミナーは、当社サイトの舞台裏を開示する内容です。上記以外にも役立つポイントが多々ありますので、くれぐれもこれだけだと思わないで下さい。

ご参加について。

このセミナーは、中小サイト強化プロジェクトのメンバーだけが視聴できます。中小サイト強化プロジェクトには3つのコースがありますが、どのコースに参加しても、今回のセミナーは無料で視聴できます。

お申込みは ⇒ 中小サイト強化プロジェクトにて。

 

関連記事

メールマガジンの購読

必読コンテンツのご紹介、セミナー情報、割引価格のご案内など、役立つ情報を提供しています。また最新投稿は、メルマガの方が早く読めます。

ページ上部へ戻る