PPC広告の成功法則

PPC広告の成功法則

今回はPPC広告の成功法則について、説明しますね。今現在、PPC広告を使っている方、これから始める方は、読んで下さい。

PPC広告、3つの重要ポイント

自分のPPC広告が、上手くいかなくて、専門のコンサルタントに依頼すれば、次の3つのポイントがチェックされます。

  1. 正しい検索ワードを使っているか?
  2. 広告文は、適切な内容か?
  3. リンク先ページは、適切か?

この3つはPPC広告の基本であり、どれも重要なポイントです。
簡単に説明します。

1.正しい検索ワードとは?

候補キーワードの検索数、入札数や価格を参考に、対象ワードと入札価格を決めます。検索数の多いビッグキーワードを使うのか、それともニッチキーワードで、数の勝負に出るのか、戦略的な発想も必要です。

2.広告文は、適切な内容か?

広告文は、掲載順位とクリック率を左右するポイントであり、入札価格にも影響を与えます。検索者を広くすくい上げる内容にするか、それとも対象者を絞り込むのか、ここでも戦略が必要です。

3.リンク先ページは、適切か?

広告文を読んだ人が、違和感なく着地できるように、リンク先ページを選ぶ必要があります。重要なのは、リンク先ページの冒頭に書かれたコピーです。ここが広告文から自然に流れないと、ユーザーは違和感を感じて、離脱してしまいます。

以上3つは基本ですから、まずは押さえて下さい。

ただですね、これだけでは不十分なんです。

大事なのは、コンバージョン数!

ここまでの話は、あなたのサイトにアクセスを引き込む迄に過ぎません。より大事なのは購入や問合せが、どれだけ来るかです。この購入数や問合せ数を、コンバージョン数といいます。

大事なのは、いくら広告費を投じて、どれだけコンバージョン数がカウントされるかです。成果の対象は、アクセス数ではありません。そしてコンバージョン数を左右するのは、ひとえにWebサイトの内容です。

最も大事な3点に絞れば、次のポイントになります。

  1. リンク先ページから出口ページへの動線。
  2. 出口ページで求める、具体的な行動。
  3. 出口ページの記載内容。

この3つを判断できない限り、PPC広告の費用対効果を、向上させることは出来ません。ただ残念ながらここを判断できる人は、非常に少ないのが現実です。

本来であれば、ここをしっかり行なうのが、LPO(ランディングページ最適化)です。

(注記) ランディングページ最適化は、「着地ページを最適化する」という意味ですが、着地ページというより出口ページを最適化すると言った方が、本来の趣旨に沿っています。

ところが、今のLPOは、

  • キャッチコピーが優れているか?
  • デザインは、整っているか?
  • お客の声は充実しているか?

こういった表現様式の問題に焦点が当たっています。残念ながら、このような対応では、十分にコンバージョン数を上げることは出来ません。

なぜならこの部分は、ネットの領域ではなく、お客と商品をどう見るかという、ビジネスの問題だからです。

表現様式ではなく、重要なのは伝える内容です。何を伝えるかこそ、問われる部分であり、それはお客と商品という、ビジネスの根本をしっかり押さえてこない限り、生み出されないのです。

 

これからも関連記事を読みたい方、無料セミナーに参加したい方、特典レポートを読みたい方は、メールアドレスをご登録ください。全ては週2回配信される、メルマガでご案内しています。その内容は次の通りです。

  • 最新の記事や、必読記事のご案内。
  • 無料セミナーや、特典レポートのご案内。
  • 各種セミナーの優先案内。

このブログを一通り読めば、相当な力がつきます。ただ記事数が多いので、一気に読むのは不可能です(⇒全記事の一覧)。スマホで空き時間に読むなど、学びのペースメーカーとして、メルマガを活用して下さい。

 

関連記事

メールマガジンの購読

必読コンテンツのご紹介、セミナー情報、割引価格のご案内など、役立つ情報を提供しています。また最新投稿は、メルマガの方が早く読めます。

ページ上部へ戻る