情報には3種類ある、という重要なお話

情報には3種類ある、という重要なお話

サイトに掲載する情報は、3つの種類があります。3つの種類というより、3つのレベルというべきでしょうか。どちらにしても、種類の異なる情報があることを、まずは認識してください。

今日はかなり重要な話をします。少し長くなりますが、最後までお付き合いください。

リンゴを売ると思ってください。

リンゴを売るには、必須の情報があります。

一番わかりやすいのは、価格でしょうか。

価格が表示されなければ、リンゴは商品になりません。

また価格の単位も重要ですね。

1個100円なのか、1箱12個入りで1,000円なのか、価格の単位が分らなければ、リンゴは商品になりません。

このように商品には、それを商品たらしめる必須の情報があります。

これをレベル1の情報としましょう。

残念ながらサイトの中には、このレベル1の情報が不足しているケースが珍しくありません。

英会話教材なら、全部で何時間なのか?

視聴時間が書かれていないと、購入に進みません。

市場調査のレポートなら、ページ数と表紙サムネイルがなければ、商品をイメージできません。

これらは極めて初歩的な、情報の欠落です。

なかでもサービス(形ない商品)を売っている方は、特に注意してください。

引越や修理のように商品が作業の場合、「作業の流れ」は必須になります。

これがなければ何をしてくれるのか、顧客は頭にイメージできないからです。

このように商品には、その情報が欠落すると商品の形が整わない、必須情報があります。

話をリンゴに戻しましょう。

リンゴを売るには、リンゴにどんな魅力があるのか、説明しなければなりません。

分かりやすく言えば、糖度の高い甘いリンゴなのか、酸味のある爽やかなリンゴなのか、です。

ここで初めてレベル2、すなわち顧客像(ペルソナ)の話になります。

甘みを強調するか、酸味を強調するか、という訴求点の問題です。

そしてレベル2は、訴求点だけに留まりません。

間違いなく甘いのかという、信頼性に関する情報もあります。

また他店のリンゴより甘いのかという、競合優位の情報もあります。

まとめて言えば、レベル2は顧客視点の情報であり、一般的にはここをマーケティング戦略と言います。

そして次がレベル3であり、これは顧客の行動性に影響を与える情報です。

同じ商品を同じ顧客に売る場合でも、リスティング広告か、フェイスブック広告か、アクセスルートの違いによってページ冒頭の記載情報は変わります。

もっと分かりやすい例でいえば、クリスマス前とバレンタインデー前では、記載情報は変わります。

同じ商品を同じ顧客に売る場合でも、顧客が動くか否かは、状況によって変わります。

それは顧客の心理が、環境に影響を受けるからです。

レベル3は私が一番得意とする分野で、ここの説明を始めると止まらないので簡略化しましたが、サイトの記載情報には3種類あるということを、押さえてください。

なぜこんな話をしたかといえば、今回の視点から考えて、自社サイトに不足情報がないかどうか、整理してほしいのです

これまでの経験から傾向を言えば、次のようになります。

【制作会社さんが制作した場合】
・ レベル1が欠落することは、ほとんどありません。
・ レベル2はある程度検討していますが、不十分なことが多いです。
・ レベル3まで踏み込んでいる制作会社さんは、ごく少数です。

【一般の方が作った場合】
・ レベル1が問題のケースは、あまりありません。
・ レベル2は、ほとんど検討されていません。
・ レベル3は、検討されていません。

【かなり学んだ方が作った場合】
・ レベル1で問題のあるケースが、散見されます。
・ レベル2は、もうひと踏ん張りというケースが多いです。
・ レベル3は、検討しているが不十分という感じです。

かなり学んだ方がレベル1に問題を抱えるのは、明確な理由があります。

レベル2、3を考えすぎて、レベル1を飛ばしてしまうのです。

くれぐれもご注意ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
 
 
 




最後までお読みいただき、ありがとうございます。

このブログは深い内容をお伝えしているので、一通り読めば相当な力がつきます。

ただ記事数が多いので、全て読むのは大変です(全記事の一覧)。

下記よりメールアドレスをご登録頂ければ、最新記事セミナーの優待案内をお知らせします。




関連記事

メールマガジンの購読

最新記事や必読記事のご紹介、セミナーの優待案内など、役立つ情報を提供します。

ページ上部へ戻る