核心部を見抜く!

核心部を見抜く!

核心部を見抜く! なんて言われても、何のことか分からない。。。こう思うかもしれませんが、まぁ、読んでください。すごくよく分かりますから。。。

さて今日は核心部を見抜かないといけない、という話です。

どういうことかというと、今やデジタルマーケティングの情報はそこら中に溢れています。

webメディア、セミナー、動画、SNS、メルマガ等、あらゆる媒体から発信され、信頼できる情報もあれば、そうでもない情報もあります。

そういう中で我々に必要なことは、2つあると思っています。

1.時代と共に移り変わる、先端部をウォッチすること。

一例を挙げれば、ブラウザです。

ChromeやSafariは我々にとって当たり前ですが、10代の人は違います。

彼らの検索はブラウザではなく、SNSのハッシュタグ検索です。

知らない人の情報より身近な人の方が信頼できるし、何よりもハッシュタグを使い慣れているからでしょう。

また世代を問わず、アマゾン検索も台頭しています。

アマゾン検索は購買行動に直結するので、アマゾン広告と合わせ恐ろしい力を持つことでしょう。

このように栄枯盛衰の激しい時代の先端部を、ウォッチし続けるのは大切です。

2.時代に左右されない、核心部

時代の動きと同時に大切なのは、変わらない核心部をしっかり押さえることです。

変わらない核心部とは、人間の行動心理です。

例を挙げれば、お客の声になります。

よく言われるのが、お客の声なんて読まないよ、です。

確かにその通り!

普通の状態でお客の声を読む人は、ほとんどいないでしょう。

ところが人間は、どうして良いか分からない時、周りの人に倣う習性があります

どうしようか迷っている人、すなわち購入するかどうか迷っている人は、必ず読むのです。

  • 高額商品であればあるほど、真剣に読みます。
  • 悩みが深刻であればあるほど、真剣に読みます。

ボーダーライン上にいる、コンバージョン増に一番大事な人は必ず読む。

これがお客の声です。

誤解する人が多いので、くれぐれもご注意ください。

深く学んで、豊かな実りを!

一緒に頑張っていきましょう。
 
 
 




最後までお読みいただき、ありがとうございます。

このブログは深い内容をお伝えしているので、一通り読めば相当な力がつきます。

ただ記事数が多いので、全て読むのは大変です(全記事の一覧)。

下記よりメールアドレスをご登録頂ければ、最新記事セミナーの優待案内をお知らせします。




関連記事

メールマガジンの購読

最新記事や必読記事のご紹介、セミナーの優待案内など、役立つ情報を提供します。

ページ上部へ戻る