ネット通販サイトの問題とは?

ネット通販サイトの問題とは?

ネット通販サイトの問題を、シンプルに指摘しました。とても簡単な説明ですが、個人事業の人には、参考になるでしょう。


先日のセミナーで、ネット通販サイトの問題を取り上げました。
そして頂いたのが、次のご感想です。

▼ ここから

初めて参加しましたが、セミナーを拝聴していく中で、
当店サイトの問題を含め、根本的に見直しを行わなければならない部分
(ビジネスモデルも含めて)がたくさん出てきて、
気付きの多い充実した時間を過ごさせていただきました。

まずはサイトを7つの重要点で整理した後、
とりかかれる部分から改良していきたいと思います。
(ネット通販業 代表)

▲ここまで。

嬉しいですね。こういうご感想を頂いた時、
一番仕事のやりがいを感じます。

今日、何をお伝えしたいかといえば、
「サイトの問題は、ビジネス構造と切り離すことが出来ない」
ということです。

この方のケースで言えば、ネット通販です。
当然、サイトで注文をとることを考えます。

当たり前の話ですよね。

ところが問題は、この当たり前の点にあるのです。

どういうことかと言えば、目的は売ることです。
売れれば良いわけで、サイトはあくまで、売るための手段に過ぎません。

常に最初に考えるのは、お客と商品です。

お客と商品を冷静にみて、サイトで売るより、電話問合せの方が良いなら、
電話問合せに、サイトの焦点を合わせないといけない。

ところが電話問合せを噛ませれば、1クッション余計なステップが
入るから、効率が悪いと思ってしまう。

現実は違うのです。

商品とお客の特性を考えれば、電話を噛ませた方が受注効率が
アップするケースだってあるわけです。

これはネット通販のケースですから、話が分かりやすいと思います。
けれど、どのサイトだって、同じ問題を持っています。

無料レポートでお客を集める?

いや、このケースはモニター販売に切り替えた方が、絶対に効率が良くなる。

無料セミナーでお客を集める?

いや、このケースは、どう考えても無料レポートにしないと、無理だろう。

こういうケースが多いわけです。

では、どうすれば、自社サイトの問題を判断できるのか、です。

私に聞いてください。一番、早いです。

なぜなら、こういう点を突破するには、自分の思い込みを
突破する必要があるからです。

どれだけ考えても、自分の枠から出て、客観視するのは、
決して簡単なことではありません。

ここにコンサルタントを使う、本当の価値があります。




最後までお読みいただき、ありがとうございます。

このブログは深い内容をお伝えしているので、一通り読めば相当な力がつきます。

ただ記事数が多いので、全て読むのは大変です(全記事の一覧)。

下記よりメールアドレスをご登録頂ければ、最新記事セミナーの優待案内をお知らせします。




関連記事

メールマガジンの購読

最新記事や必読記事のご紹介、セミナーの優待案内など、役立つ情報を提供します。

今月のお奨めセミナー!

サイトリニューアル実践ゼミ 目指すは、集客できるコーポレートサイト!

サイトリニューアル・実践ゼミ

ページ上部へ戻る