良いセミナーの見分け方

セミナー風景

今日は、セミナーの舞台裏について、少し話しますね。私はセミナー講師をしています。自社で主催もすれば、外部講師の時もあります。これまでに少なくとも、50回以上は、話したでしょうか・・・。

そして同時に、他人のセミナーにも参加します。その時は内容だけでなく、運営の仕方、講師の服装、資料の作り方、・・・。いろいろな視点から、良し悪しを見ています。そこで今日は、これまでの経験を踏まえ、良いセミナーの見分け方を、お話ししましょう

良いセミナーを見分けるポイント1: 金額。

まずは、参加費です。

5000円以下で、「これはお得だ!」と思ったセミナーは、あまり良い印象がありません。

5000円以下ですと、セミナー収益は赤字なんです。
だからセミナー後に、バックエンド商品を売ることを考えます。

もちろんどんなセミナーでも、参加者と懇親を深め、次の商売に繋げたいのは、主催者の本音です。

だから商品カタログを、セミナー資料と一緒に配布するのは、別に構わないと思います。

ただそれが、露骨過ぎるのは、困ったものです。

この前3000円で参加したセミナーが、とても面白かったので、チョッと話しますね。

セミナー後のQ&Aの時です。

参加者の質問に、講師が答えていくのですが、その答え方が「露骨に」商品を買わせる方向へ、誘導するのです。

参加者は全員、感じたと思います。

ただ講師の方は、顔色1つ変えず、冷静に誘導するのです。

「へぇ~、そこまで露骨に誘導するか」と驚いてしまいました。

落ち着いた口調で、理路整然と、自信をもって誘導します。

僕は変な意味で、尊敬してしまいましたよ。

「いや、スゴイなぁ。3000円とはいえ、僕にはとても出来ない・・・。」

ある意味で、立派だと思いました。

まず皆さんに知ってほしいのは、セミナーには

  • 見込み客集めを、目的にしたセミナー
  • セミナーそのもので、収益を考るセミナー

この2つのタイプがある、ということです。当然ですが、前者の内容は薄いです。

そして両者の違いは、金額で判断できます。

5000円以下は、見込み客集めのセミナーと思って、ほぼ間違いないでしょう。

そして、金額が大事なのは、もう1つ理由があります。

セミナー講師は、皆さんが思っている以上に、参加費を気にしている、ということです。

どういう事かというと、講師は自分の話す内容に、値段をつけるわけです。

形のないものに、値段をつけますから、本当に金額に値するかどうか、もの凄く気にします。

特に相場より高いセミナーをする時は、必ず恐怖と、向き合っています。

「この内容は、本当に金額に見合うだろうか・・・」

こう考えながら、講師はセミナー資料を作ります。

考えてもらえば分かると思いますが、人前で話すというのは、それだけで結構なプレッシャーです。

そこで高めの金額をもらうには、内容に自信がない限り、出来ないんです。

私も来月、あるセミナーに参加しますが、その参加費は7万円です。

早期申込みの割引があって、7万円ですから、ふつうに申込むと、8万円です。

これ位の金額なら、まず後悔することはないだろうと、思っています。

講師は、必死に資料を作りこむはずですから。

良いセミナーを見分けるポイント2: 講師

金額の次は、講師です。

その講師に会いたいと思っているかどうか、これがすごく大事です。

既に亡くなられてしまいましたが、リッツカールトンを立ち上げた、林田さんという方がいます。

僕はこの方のセミナーが好きで、よく足を運びました。

なんと言うか、にじみ出てくる人柄が、素晴らしいのですね。

「いや、スゴイなぁ・・・、本当にすごい。」
「これがプロの笑顔だ。なんと深いのだろう、ため息しか出ない。」

私自身、強面のスゴイ人とは、営業マン時代に修羅場で何度もご一緒したので(苦笑)、慣れていますが、笑顔に圧倒されたのは、この方だけです。

この方と同じ空気を吸いたくて、セミナーに足を運んでいました。

セミナーをする以上、こういう領域に自分を高めないといかん!
今書きながら、改めて思う次第です。

話がそれたので戻しますが、セミナー講師と相性が合うかどうかは、とても大事です。

そのためには、経歴を確認したり、著書があれば事前に読んでみる等、手間を惜しまない方が良いと思います。

良いセミナーを見分けるポイント3: その他

その他、私がチェックするポイントを説明すると、次の通りです。

1.テーマが絞り込まれているか?

総花的な内容より、テーマが絞り込まれているほうが、内容が濃いです。

2.対象は初心者か、上級者か?

案内文から、どんな人を対象にしているか、判断します。

3.講師は個人か、法人の社員か?

法人の社員の方が話すケースは、どうしても会社中の制約があります。個人の方のほうが、自由に話ができるので、普段聞けない話を、聴けることが多いです。

以上、簡単ではありますが、ご参考になれば何よりです。

 

これからも関連記事を読みたい方、無料セミナーに参加したい方、特典レポートを読みたい方は、メールアドレスをご登録ください。全ては週2回配信される、メルマガでご案内しています。その内容は次の通りです。

  • 最新の記事や、必読記事のご案内。
  • 無料セミナーや、特典レポートのご案内。
  • 各種セミナーの優先案内。

このブログを一通り読めば、相当な力がつきます。ただ記事数が多いので、一気に読むのは不可能です(⇒全記事の一覧)。スマホで空き時間に読むなど、学びのペースメーカーとして、メルマガを活用して下さい。

 

関連記事

メールマガジンの購読

必読コンテンツのご紹介、セミナー情報、割引価格のご案内など、役立つ情報を提供しています。また最新投稿は、メルマガの方が早く読めます。

ページ上部へ戻る