キャッチコピー例 ~困った時に使う11の例文。

きゃちコピー例 ~ 困った時に使う11の例文

キャッチコピーを作ろうにも、どうもイメージが沸かない・・・。何か参考になるコピーは、ないだろうか? 今日はこんな方のために、即戦力となるキャッチコピーを、11例ほどご紹介しましょう。

例文をご紹介する理由。

これからご紹介する11例は、あなたの商品を売るためのキャッチコピーです。ダイレクト・レスポンス・マーケティングで使われる、11の例文をご紹介します。

この11例さえ覚えておけば、言葉を当てはめるだけで、簡単にキャッチコピーが作れます。読むだけでイメージが沸いてくるので、いざという時に役立つでしょう。

読んでいただければ分かりますが、コピーに情緒性はありません。「皆無!」と言って良いです。人によっては、何か通販みたいで・・・、と違和感を感じるかもしれません。実は私自身も、個人的には同じ思いを持っています。

ではなぜあえてご紹介するかといえば、それは効果が高いからです。売り手と買い手に距離感のある、マスマーケットを相手にする時は、やはりこの手のコピーは、効果を出します。

ですので、まずは知っておいて下さい。特にネット通販の人には、必須の知識になります。

キャッチコピー、11の例文。

例文1: どうして・・・だけで、○○できたのか?

どうしてフィルター交換だけで、エアコン代が半減するのか?

手軽な手段で、メリットを得ることが出来た。こういう形をとることで、あなたも簡単にメリットが得られますよ、と伝えるコピーです。

・・・には手軽な手段を書き、○○には実際に得られるメリットを書きます。

 

例文2: どうしてXXから○○できたのか?

どうして私は、クレーム客をリピート客に変えたのか?

最悪の状態から、素晴らしい未来に変わったことを、伝えるコピーです。どうして(How)があることで、具体的な方法が分かることも、伝えています。

このようにXXには、悪い状態を、○○には良い状態を書きます。よくダイエットの広告とかで、ビフォー・アフターの写真が対比されていますよね。それをコピーに置き換えているパターンです。

 

例文3: 1000人がXXだったのに、○○できた理由とは?

英語嫌いの1000人が、TOEIC700点になった理由とは?

例文2と同様、最悪の状態から、素晴らしい未来に変わったことを、伝えるコピーです。ここでは、具体的な人数が書かれることで、より信憑性を増しています。

XXには、悪い状態を、○○には良い状態を書きます。それに加えて、人数や70%のように割合を書くことで、信憑性を加えます。

 

例文4: ・・・ください、○○できるようになります!

3つ質問に答えるだけです、あなたに最適な機種が分かります。

小さな犠牲を払えば、大きな成果が得られることを伝えるコピーです。少しばかりの負担を強いることで、得られる成果に信憑性が加わります。

「3つの質問」「90日」「3分」、このように・・・には数字が入ります。

 

例文5: XXにお気づきですか?(お困りですか? ご存知ですか?)

キーボードが肩こりの原因になることを、ご存知ですか?

現状を認識してもらい、改善策を売るためのコピーです。問題認識がない限り、人は行動に向かいません。ですので、問題点だけに焦点を絞ります。

このようにXXには、一般に気づきにくい、悪い状態を書きます。

 

例文6: 警告!XXです! ご注意!XXです!

ご注意! 30代の60%は肥満予備軍?
緊急告知! 大卒でも危ない今年の就職戦線!

例文5を、より強烈にしたコピーです。

「警告!」「ご注意!」「緊急!」という言葉は、本能的にお客の視点を止める、効果があります。文字数が少なくて、確実に視点を止めるので、ここぞという時に使います。

 

例文7: ○○できるコツ、○○した方法、○○すべきポイント。

利益を2倍にする経営戦略のコツとは?
人前であがらずに話すノウハウとは?

素晴らしい未来へ行く方法を、伝えるコピーです。このパターンは情報を探している人に、訴求しやすいパターンなので、ネットでは多用されています。

 

例文8: ○○できる7つのポイント、○○できる5つのコツ、○○する時の7つの注意点。

雨漏りを事前に防ぐ、11のチェック項目!
あなたのお店に行列を作る、7つのポイント!

例文7に、具体的な数字を加えることで、情報の内容が充実していることを伝えるコピーです。数字が3では少ないです。最低でも5、できれば7以上をお薦めします。

 

例文9: もしあなたが・・・なら○○できる!

タバコを吸わないなら、保険料は30%節約できます。
もしペットを飼っているなら、この掃除機の違いが分かります!

対象者を限定することで、素晴らしい未来に行けることの、信憑性を強化しているコピーです。

 

例文10: ○○できた秘密、○○の告白、○○の真実。

営業マンを減らして、売上げを伸ばした秘密
成功者の真実

特別な情報を印象付けて、方法の信憑性を高めるコピーです。文字数が少なくて済むので、書籍のタイトルで多用されています。

 

例文11: XXせずに○○する方法!

手間をかけずに、車検を通すテクニック!
広告費をかけずに、お客を集める方法!

デメリットを否定して、方法の価値を高めるコピーです。XXには良くない方法を、○○には良い状態を書きます。

 

どうしても、知っておいてほしいこと。

いかがでしょう?
読み進める中で、今すぐ使えるコピーが、2,3あったのではないでしょうか。

今回のように例文から入るメリットは、キャッチコピーのイメージが掴みやすい点にあります。ですので、最初の1歩としては、とても有益なやり方です

ただ私としては、これだけで終わってほしくありません。なぜなら、仮にこの例文でコピーが書けても、そこには限界があるからです。

キャッチコピーの生命線は、訴求点です。

訴求点とは、お客がその商品に、最も魅力を感じるポイントです。
ここを正確に掴んでこないと、キャッチコピーは効果を出しません。

例文は、コピーのパターンに過ぎず、訴求点までは教えてくれません。

なぜ訴求点が重要なのか?

仮にあなたの商品に、2つの特徴があったとしましょう。1つは、簡単に設置できる。もう1つは、デザインが美しいです。どちらを訴求するかで、お客さんの反応は変わります。

設置を簡単にしたいお客さんが多ければ、設置の簡易性を訴求すべきです。デザインが不満なお客さんが多ければ、デザインを訴求すべきです。

ここでは説明の都合上、訴求点を2つで説明しましたが、現実をみれば、訴求点はもっと数多くあります。お客さんが魅力を感じるポイントが訴求点ですから、それはお客さんの悩みの数だけ存在します。

お客さんの悩みを丁寧に検討して、ズバリ切り込むのが、本当のキャッチコピーです。そうして初めて、お客さんの心に届きます。

そこにはお客の気持ちを、丁寧に見ていく視点が不可欠です。こういう地道な作業を無視して、手っ取り早く作っても、結局は効果の出ないコピーになってしまいます。

自分の商品とお客さんを、丁寧に検討して、訴求点を決めること!
これがキャッチコピーの生命線であり、それが出来るのは、あなたしかいません。

例文で出来るのは、イメージ喚起までとご理解ください。

以上、ご参考になれば何よりです。

 

これからも関連記事を読みたい方、無料セミナーに参加したい方、特典レポートを読みたい方は、メールアドレスをご登録ください。全ては週2回配信される、メルマガでご案内しています。その内容は次の通りです。

  • 最新の記事や、必読記事のご案内。
  • 無料セミナーや、特典レポートのご案内。
  • 各種セミナーの優先案内。

このブログを一通り読めば、相当な力がつきます。ただ記事数が多いので、一気に読むのは不可能です(⇒全記事の一覧)。スマホで空き時間に読むなど、学びのペースメーカーとして、メルマガを活用して下さい。

 

関連記事

メールマガジンの購読

必読コンテンツのご紹介、セミナー情報、割引価格のご案内など、役立つ情報を提供しています。また最新投稿は、メルマガの方が早く読めます。

ページ上部へ戻る