キャッチコピーは、ここが大事です。

キャッチコピーは、ここが大事です!

今回は、このご質問にお答えします。ある塾でキャッチコピーを学んでいますが、教え方に違和感を感じています。かなり誇大な表現を、求められるのです。自分に無理をしてまで、グレーなコピーを書くべきでしょうか?

こんにちは、高橋聡です。

数日前、ある方からメールをもらいました。
キャッチコピーについてです。

私なりの解釈を加えて、内容をまとめると、こんな感じです。

▼ ここから。

ある塾でキャッチコピーを学んでいますが、
教え方に違和感を感じています。

かなり誇大な表現を、求められるのです。
自分に無理をしてまで、グレーなコピーを書くべきでしょうか?

▲ ここまで。

内容には、私なりの解釈を加えていますから、少々意図が変わっているかも、知れません。

ただ読者の中にも、こういう悩みを抱える人は、多いと思います。

ですので皆さんとシェアする形で、私の考えを3点、説明します。

1.自分に嘘はつけない。

文章は不思議なもので、「自分が書きたい」と思わない限り、上手く書けません。

この意味で芸術に近い、クリエイティブ性があります。

書きたくないことを義務感で書くと、味気ない「乾いた文章」になります。

このような文章は、読み手の心に届きません。
そしてマーケティングの文章としては、無益です。

この意味で、自分が納得できないなら、そのやり方は続けない方が良いでしょう。

遠くない時期に、耐えられなくなるはずです。

2.「コピーを尖らせる」は大切です。

その一方で、コピーを尖らせることは、とても大事です。

キャッチコピーは文頭に来ますから、必ずユーザーの視点を留めないといけない。

そのために、少々の無茶が必要な場合もあります。

これは事実であり、実務において、ありうることです。

ただし問題は、誇大なコピーの場合、信憑性が落ちる点にあります。

私はここで、言葉を使い分けているので、注意して下さいね。

「尖ったコピー」とは、強烈であるとともに、信憑性も感じるコピーです。

「誇大なコピー」とは、強烈なだけで、信憑性を感じないコピーです。

「尖ったコピー」を作るには、経験とセンスが必要であり、コピーライティング何十年の、経験がなければ無理です。

少なくともコピーライティングの初心者が、手を出す領域ではありません。

3.鍵はサブコピーにある。

では初心者の方が、「尖ったコピー」に近づけるには、どうしたら良いのでしょうか?

率直に言うと、ここはあまり話したくない部分です。

有料教材で説明すべき部分だから・・・(汗)。

ただ簡単に言えば、その鍵はサブコピーにあります。

キャッチコピーは、メインコピーとサブコピーに分かれるでしょう?

メインコピーは、少々の無茶をかけるのです。

そして視点を止めることを考える。

その代り、すぐ下に続くサブコピーで、信頼性を担保する言葉を入れる。

こうすると、非常にバランスのとれたコピーになります。

分かるかな・・・。

申し訳ないけど、ここまでが説明できる限界点です。

動画セミナーで、詳しく説明しています。参考にしてください。
⇒ お客の気持ちを徹底的に考える、キャッチコピーの作り方

 

● その他、参考になる記事

⇒ キャッチコピー例 ~困った時に使う11の例文。

⇒ 史上最強のキャッチコピーを知ろう!

 

関連記事

メールマガジンの購読

必読コンテンツのご紹介、セミナー情報、割引価格のご案内など、役立つ情報を提供しています。また最新投稿は、メルマガの方が早く読めます。

ページ上部へ戻る