問合せを増やすコンテンツを、作るときの注意点

問合せを増やすコンテンツを、作る時の注意点

どうすれば、Webサイトから問合せが増えるのか? それをお伝えするのが、私の仕事であり、最短で実現する手法が、コンテンツ改造です。今いろいろな方が書いたテキスト文を、繰り返し、修正しているのですが、その中で、多くの方が直面する問題を今日はシェアしますので、よく聴いてください。

最初の壁とは?

どこに最初の壁があるかといえば、「何を伝えたいか、良く分からない」です。

読んでも読んでも、伝えたい核心が出てこない。

こういう場合が、とても多いのです。

どういうことか、例を挙げて説明しましょう。

例えば、「当社サービスはどこよりも速い!」

これを、伝えたいとします。

 

一般的なWebサイトが、これを伝える時、どのようにするかというと・・・、

1.冒頭に
キャッチ・コピー画像で、「当社サービスの3大特徴!」と出し、

2.その下に
「どこよりも速い!」「どこよりもお得!」「どこよりも親切!」と、テキスト画像を並列に並べ、

3.それぞれの下に、
テキスト文で、詳しく説明する。

 

こういった形をとるはずです。

あなたのサイトも、このようなパターンになっているかも知れません。

 

まず最初に知ってほしいのは、このパターンを使っているうちは、問合せは永久に増えません。

何度もお伝えしていますが、これは商品説明であり、宣伝なんです。

どこに問題があるかといえば、ユーザーが知りたいのは、悩みや課題の解決策であり、あなたの商品ではないということ。

あなたの商品に関心あるユーザーは、商品ではなく、解決策に関心があり、思考の出発点は、悩みや課題なんです。

だから商品より先に、悩みや課題を伝えないといけない。

とっても単純化して説明すれば、「・・・でお困りの方へ」で切り出さないといけない訳です。

コンテンツ文の問題とは?

こういう説明をセミナーですれば、皆さんよく納得してくれます。

ところが、実際に書く段階になると、途端に文章は、メロメロになってしまうのです。

それは、宣伝には慣れているけど、お客の気持ちを考えるのは、慣れていないからだと思います。

文章というのは、本当に正直です。

どれだけ口で「お客さんを大切に」と言っても、文章にすれば、一発で本音が分かります。

ただ、これは決して、皆さんの問題ではありません。

ある意味、しょうがないのです。

なぜなら、売り手は商品のことを、365日24時間考えています。

これに対して、お客の気持ちを考えるのは、せいぜい数時間でしょう。

この途方もない時間のアンバランスが、売り手の思考を、偏らせてしまうのです。

だから解決するのは、簡単ではありません。

ただし、だからこそ、これを意識し続ける人は、成果を出すことができます。

問題の根は、理屈を超えているので、繰り返して身につける。

これしか、対処法はありません。

 

これからも関連記事を読みたい方、無料セミナーに参加したい方、特典レポートを読みたい方は、メールアドレスをご登録ください。全ては週2回配信される、メルマガでご案内しています。その内容は次の通りです。

  • 最新の記事や、必読記事のご案内。
  • 無料セミナーや、特典レポートのご案内。
  • 各種セミナーの優先案内。

このブログを一通り読めば、相当な力がつきます。ただ記事数が多いので、一気に読むのは不可能です(⇒全記事の一覧)。スマホで空き時間に読むなど、学びのペースメーカーとして、メルマガを活用して下さい。

 

関連記事

メールマガジンの購読

必読コンテンツのご紹介、セミナー情報、割引価格のご案内など、役立つ情報を提供しています。また最新投稿は、メルマガの方が早く読めます。

ページ上部へ戻る