もし橋下徹が、Webサイトを作ったら・・・。

もし橋下徹が、Webサイトを作ったら・・・。

大阪W選挙で、維新の会が圧勝しましたね。今日は、「橋本徹氏がWebサイトを作ったら」と題して、Webサイトのポイントを説明しましょう。「大阪都構想」と「独裁はリーダーシップ」など、注目してほしい点が3点あります。

当選会見

彼は会見で、こう言いました。

「都構想を実現するために、国会議員が協力しなければ、
次は国政にも足をかける。」

私が注目したのは、この「足をかける」という表現です。

彼の足が、日本地図の上に乗っかるイメージを、
目に浮かべることができます。

このように身体表現は、印象に残りやすく、
相手の心にへばりつくのです。

「喜ぶ」→「目を細める」
「はじめる」→「手をつける」
「訪問する」→「足を運ぶ」

なぜ身体表現に変えるだけで、記憶に残るかといえば、
情景が目に浮ぶからです。

人の脳が情景をベースに記憶する以上、
情景描写は、もっとも伝わりやすい表現技法なのです。

こういう言葉が、自然と口から出るところに、
彼の非凡さがあります。

大阪都構想

政策の金看板は「大阪都構想」です。
ここからも学べます。

都という言葉は、東京都にしかないから、
大阪都というだけで、東京都が自動的に比較対象になる。

言い慣れた大阪府と、ちょっと違うから、注意喚起も出来る。
3文字で視点が止まるのだから、ネーミングとして優れています。

「大阪を東京23区のように特別区にして、
区長公選にします。」

この説明の仕方も、東京23区という比較対象があるので、
頭にイメージできる。ポイントは比較対象です。

たしかに「大阪都構想」は、中身が正確に分からない。

ただ伝える上で大事なのは、
相手が頭に「形」をイメージできるかどうかです。

新しい商品やサービスを説明するには、

・ 比較対象がなければ伝わらない。
・ 形が目に浮ぶように伝える。

こう覚えてください。

独裁

「独裁ですよ、独裁!
それくらい強いリーダーシップが必要なんです」

独裁というデメリットを、
リーダーシップというメリットに転換しています。

表現のすり替えとも言えますが、
これは同じ商品でも、お客が変われば評価も変わると
考えるべきです。

あるお客があなたの商品をダメだと言っても、
それは別のお客にとって、メリットかもしれない。

デメリットが個性なら、それはメリットとして、
違うお客に伝えるべきです。

落ち込む前に「違うお客はどうなのだろう?」と
考えてみること。

相手を間違えただけかも、知れないのです。

最後に

彼は、捨て身でしょう。
私利私欲がないし、綺麗ごとも言わない。

だから言葉が厳しくても、有権者はついてくる。

「国民のために」とテレビで政治家が言うたびに
「国民って誰?」と突っ込みたくなる。

「お客様のために」ではなく、
「お客様って誰?」と突っ込んで考える良い機会です。

あなたの商品を評価する人は、必ずいます。
正しく、伝えることです。

頑張っていきましょう!




最後までお読みいただき、ありがとうございます。

このブログは深い内容をお伝えしているので、一通り読めば相当な力がつきます。

ただ記事数が多いので、全て読むのは大変です(全記事の一覧)。

下記よりメールアドレスをご登録頂ければ、最新記事セミナーの優待案内をお知らせします。




関連記事

メールマガジンの購読

最新記事や必読記事のご紹介、セミナーの優待案内など、役立つ情報を提供します。

今月のお奨めセミナー!

サイトリニューアル実践ゼミ 目指すは、集客できるコーポレートサイト!

サイトリニューアル・実践ゼミ

ページ上部へ戻る