コンテンツの着眼点2: 砥石はどうなる?

コンテンツの着眼点2: 砥石はどうなる?

昨日、「包丁を売るなら、まな板を語れ」と書きました。そうしたら、砥石についてコメントがあったので、砥石について説明します。結論から言うと、砥石は視点が異なります。どういうことかと言うと・・・。

包丁とまな板の関係を再確認しよう!

最初に昨日お話した、「包丁を売るなら、まな板を語れ」の意味を再確認しておきます。話の趣旨は、こうでした。

  • 包丁を使うなら、それと同時に使うものがある。
  • だから、同時に使う物もコンテンツの対象になる。

これを分かりやすく伝えるために、「包丁を売るなら、まな板を語れ」と表現しました。思考の視点は、「同時併用」です。だからコンテンツを書く時に、「お客がその商品を使うとき、他に準備するものは何か?」と自己質問してほしいと言いました。

砥石を引き上げる、自己質問とは?

それでは、今回の砥石について説明します。「お客が包丁を使うとき、他に準備するものは何か?」と問えば、誰でも「砥石」を思いつくでしょう。ただし、注意してほしいことがあります。それは包丁と砥石の関係です。

砥石の役割は、包丁の切れ味を維持することにあります。包丁の機能を長期に維持することにありますから、その位置づけは「維持管理」です。だから砥石を言葉として引き上げるには、

お客がその商品を維持管理するには、何を用意する必要があるか?」と

自分に問いかけてほしいのです。

なぜ同時併用と、維持管理を分けるのか?

なぜ、わざわざ維持管理を分けて考える必要があるのでしょうか?

今回例示した商品は、包丁です。包丁を維持管理するのは、購入したお客さん自身です。だから同時併用と維持管理を分けて考える必要はありません。ところが世の中には、お客さんが維持管理できない商品があります。BtoCでは少ないですが、BtoBでは顕著です。

代表例は工場の生産設備でしょう。日々の運転はお客さんで出来ますが、定期的な整備は、納入会社が行う場合が多いです。またホームページ制作で考えれば、サイト開設後の更新サービスは「同時併用」より「維持管理」で考えたほうが適切です。

BtoCであれば、自動車やオートバイでしょうか。同時併用の視点で考えると、アクセサリーやオプションの類しか思いつきませんが、維持管理の視点を取ると、タイヤとか防犯装置にまで、幅が広がっていきます。

このように商品によっては、同時併用だけでなく、維持管理の視点も使わないと、お客の関心に迫っていけない場合があるのです。

まとめ

今日ご紹介した思考の軸は、「維持管理」です。

お客がその商品を維持管理するには、何を用意する必要があるか?
これを自社商品に当てはめて、考えてください。

Webコンテンツは、お客が抱える疑問への回答です。
お客が抱える疑問をきめ細かく拾い上げる鍵は、適切な自己質問ができるかどうかになります。

「同時併用」だけでなく、「維持管理」の視点で問いかけないと、お客の疑問を漏らしてしまう場合がある。このようにご理解下さい。

 

これからも関連記事を読みたい方、無料セミナーに参加したい方、特典レポートを読みたい方は、メールアドレスをご登録ください。全ては週2回配信される、メルマガでご案内しています。その内容は次の通りです。

  • 最新の記事や、必読記事のご案内。
  • 無料セミナーや、特典レポートのご案内。
  • 各種セミナーの優先案内。

このブログを一通り読めば、相当な力がつきます。ただ記事数が多いので、一気に読むのは不可能です(⇒全記事の一覧)。スマホで空き時間に読むなど、学びのペースメーカーとして、メルマガを活用して下さい。

 

関連記事

メールマガジンの購読

必読コンテンツのご紹介、セミナー情報、割引価格のご案内など、役立つ情報を提供しています。また最新投稿は、メルマガの方が早く読めます。

ページ上部へ戻る