FacebookページにCTAボタンを設置してみた。

Facebookページに、CTAボタンを設置してみた。

2014年12月にフェイスブックがアナウンスしたCTAボタン、日本でも使えるようなので、さっそく設置してみました。さてさて、どんな感じなのでしょう? ⇒ Facebookのアナウンス記事

CTAとは何か?

CTAとは”Call to action”の略で、お問合せや購入など、アクションを求めるという意味です。CTAボタンはWebマーケティングの出口になるので、とても重要なポイントです。

CTAを良く分からない人は、下記の参考記事で重要性を理解して下さい。

(参考記事) CTAとは何か?

表示場所について。

表示場所は、上図のように、ヘッダー内です。「いいね」の左で、アクションを並列に並べる形ですね。もう少し目立たせたい気もしますが、まぁOKでしょう。

位置的に見れば、フェイスブックページ全体のアクションになりますから、問合せや予約などビジネス全体を包括するアクションになります。個別商品の案内などはリンク先として、不適切です。

設定できるアクション。

設定できるアクションは、下図のように7つです。
CTAの種類
アクションの種類としては十分かも知れませんが、ボタン上に表示される文字は、こちらで入力できる方がコンバージョンしやすいなぁ、という印象です。

「動画を見る」もありますが、位置的にページ全体を説明する動画になりますから、個別商品を説明する動画にリンクさせるのは、好ましくないでしょう。

リンク先について。

リンク先は、下図のようにPCとモバイルに分けて設定できます。
CTAボタンのリンク先

 

また下図のように、iOSとアンドロイドに分けて設定します。
iOSの場合
Androidの場合

全体の印象。

これまでアクションを促す方法は、投稿をトップに固定するしか、方法がありませんでした。今回のようにヘッダー内にCTAボタンが作れるようになったのは、オプションが増えたという点でありがたいことです。

ただユーザーのアクションは、ボタンがあれば良いというわけではなく、リード文を読む流れに乗せた方が効率的です。各投稿から自社の関連ページにリンクする。そして一番大事な投稿は、トップに固定させる。これは守った上で、新たなオプションとして活用するのが良いと思います。

以上、ご参考まで。
今回は本当に、参考程度の内容ですね・・・(汗)。




最後までお読みいただき、ありがとうございます。

このブログは深い内容をお伝えしているので、一通り読めば相当な力がつきます。

ただ記事数が多いので、全て読むのは大変です(全記事の一覧)。

下記よりメールアドレスをご登録頂ければ、最新記事セミナーの優待案内をお知らせします。




関連記事

メールマガジンの購読

最新記事や必読記事のご紹介、セミナーの優待案内など、役立つ情報を提供します。

ページ上部へ戻る