Webでなく、フェイスブックで気づいた彼女。

web60_2730

先日、私のセミナーに参加された方と、場を改めてお話する機会がありました。その時に彼女が言った言葉が印象的だったので、ご紹介します。「Webでは誤魔化せたんですが、フェイスブックで気づいたんです。」 いったい彼女は、何に気づいたのでしょうか?

彼女は何に気づいたのか?

この方は全国に、100以上の店舗を展開する会社の、コミュニケーション・マネージャーです。各店舗を取りまとめ、ネットでの情報発信を統括する立場にいます。

この会社のフェイスブックページは、非常にしっかりしたコンセンプトのもとで運営されていて、FBページの投稿には、各店舗で働く現場の人が、接客時の抱負を書き込んでいます。

=================================================

「お客さんに喜んで頂ける時が、一番嬉しい時です。」
「ご相談に答えるときに、やりがいを感じています。」

=================================================

投稿の下には笑顔の写真も、添えれています。素晴らしいページだと思いましたよ。

現場の人からすれば、忙しい中、なるべく面倒なことはやりたくない。「写真はこれを使って、後は何か気の効いたメッセージを、本部で書いてください。お任せしますから・・・。」

こういう対応になってくるのは、目に見えます。そのなかで各店舗を説得し、現場の人に投稿してもらっているわけです。これは決して、簡単なことではありません。ここまで形を作るのだって、大変だったはずです。けど彼女には、問題意識があったんだと思います。それは・・・。

投稿文を、どう書いたら良いのだろう?」 です。

投稿テーマは決まっています。「接客時の心がけを書いてください」です。ページに統一感をもたせるため、テーマは統一する必要があるでしょう。ただ、これだけだと、どの投稿も同じような内容を繰り返すだけで、単調になってしまう。

だから「どう書いたら良いか?」 すなわち、ライティングに関心があったのだと思います。セミナーに参加した動機は、「どう書いたら良いか?」だったと思いますが、彼女はセミナーで、気づいてくれました。

それは「表面をなぞった言葉では、コミュニケーションが成立たない」ということです。

それに気づいたからこそ、次の言葉になっています。「Webでは誤魔化せたんですが、フェイスブックで気づいたんです。

どういうことか、ご説明しましょう。ポイントが2つあります。

利用媒体の目的は何か?

Webサイトは、非常に汎用性の広い媒体です。

会社案内に近いページも作れれば、商品カタログのページも作れます。チラシのようなページも作れれば、テレビCMに近いページも作れます。作り手が期待するほとんどの役割に、応えることができます。

とても自由度が高いわけですが、それは作り手がWebサイトにどんな役割を持たせるか、ハッキリさせないと、ごった煮のようなサイトになることを意味します。仮にWebサイトの目的を、問合せを増やすにしましょう。

問合せは、ユーザーとコミュニケーションした結果で生まれますから、ページにはユーザーと心を通わせる内容が必用です。コミュニケーションを意識しないサイトに、問合せが来ることはありません。これはハッキリした事実と、断言できます。

ところがWebサイトは、会社案内のページもあれば、商品カタログのページも入ってきます。色々な内容が混在するので、コミュニケーションの比重は相対的に下がります。要は真正面から、コミュニケーションを意識しなくても済むわけです。

ところがフェイスブックページは、違います。役割はユーザーとコミュニケーションをとることです。だからどうすれば、コミュニケーションがとれるのか、真正面から向き合わなければならない。「コミュニケーション」という最も重要なポイントから、逃げられなくなるわけです。

テキストの勝負になる。

Webサイトは、単なる文章テキストだけではなく、写真も使えれば、イラストだって使えます。文字だって、画像を使えば装飾できます。表現方法が多様なので、文章の「内容」は相対的に、比重が下がります。

文章内容にあまり気を使わなくても、美しい写真を据えて、装飾された文字を散りばめれば、ユーザーとコミュニケーションしている気になれるわけです。

これに対して、フェイスブックページは、投稿文と画像1枚です。ユーザーとコミュニケーションをとるには、投稿文としてどんな内容を書くか、向き合わねばなりません。

どんな内容を書けば、ユーザーとコミュニケーション出来るのか? ここでも、逃げられないわけです。

まとめ

「Webでは誤魔化せたんですが、フェイスブックで気づいたんです。」

この言葉の意味を正確にお伝えすると、次のようになります。

Webでは「お客と心を通わせる文章」を意識しなくて済みましたが、フェイスブックページになって、どんな内容を投稿すれば、心が通じあうか、考えるようになりました。

嬉しいですね。セミナーをやって、本当に良かったと思いました。

このような話を聞かせてくれた彼女にお礼を申し上げて、今回の記事を終わろうと思います。

ありがとうございました。心より、お礼申し上げます。

 

これからも関連記事を読みたい方、無料セミナーに参加したい方、特典レポートを読みたい方は、メールアドレスをご登録ください。全ては週2回配信される、メルマガでご案内しています。その内容は次の通りです。

  • 最新の記事や、必読記事のご案内。
  • 無料セミナーや、特典レポートのご案内。
  • 各種セミナーの優先案内。

このブログを一通り読めば、相当な力がつきます。ただ記事数が多いので、一気に読むのは不可能です(⇒全記事の一覧)。スマホで空き時間に読むなど、学びのペースメーカーとして、メルマガを活用して下さい。

 

関連記事

メールマガジンの購読

必読コンテンツのご紹介、セミナー情報、割引価格のご案内など、役立つ情報を提供しています。また最新投稿は、メルマガの方が早く読めます。

ページ上部へ戻る