リンクトイン、セミナーに参加しての感想。

2012年1月16日にアカデミーヒルズで開催された、リンクトインのセミナーに参加したので、その感想をお知らせします。

リンクトインを、ご存知でしょうか?

ソーシャルネットワークの1つで、ツイッター、フェイスブックに続いて、
今年ブレイクするだろうと言われています。

リンクトインの大きな特徴は、BtoBビジネスに特化していることです。

人材のデータベースとも言われています。

昨日、アカデミーヒルズ主催で、リンクトイン日本法人のトップが説明する
セミナーに参加したので、その内容を簡単にご紹介します。

最初に、いちばん重要なことをお伝えします。

  • 日本法人のトップは、流暢な日本語を話せる女性である。
  • 日本法人のトップは、たいへん美人である。
  • 日本法人のメンバーは、ほとんどが女性である。
  • 日本法人のメンバーは、みんな美人である。
  • 私はリンクトインが、大好きになってしまった。

以上、とっても重要なことです(笑)。

それでは、2番目に重要なことになります。

セミナーで私が感じたこと。

今回の参加者は、約100人。殆んどがIT企業やWeb関係の人間でしょう。

参加者が、挙手で答えたアンケートを説明すると、

  • 参加者全員がリンクトインのアカウントを持っている。
  • リンクトインを通じた転職経験者が5人。
  • 転職経験者は、全員が英語版で、日本語版での転職経験者はまだいない。

リンクトインの最大の特徴は、履歴書レベルの個人データが
ネットワークの中で見れるようになることです(非表示の選択もできます)。

これは日本のビジネス環境を根本から変える、黒船なみのインパクトがあります。

私の立場から見ると、すごく魅力です。

営業スタイルの変化。

  • 営業スタイルが、マスへからピンポイントに変わる。
  • 相手の職歴が分かれば、初対面でも話しがしやすい。
  • 営業活動で、一番時間のかかる信頼関係の構築が短縮できる。

言葉にすると陳腐になりますが、実際の営業活動を考えると、
信頼関係の構築は、一番大事な点であり、もっとも時間のかかる点です。

この点を初対面レベルで、かなり構築できることは、
リンクトインの大きな魅力に思います。

また、多くの営業電話で嫌悪感を感じるのは、
自分がリストの一人として扱われる点にあります。

どれほど丁寧に話しかけてきても、
自分のことを何も知らないくせにと思います。

これが
「リンクトインで○○さんの内容を拝見し、・・・の点に興味をもったので、
お電話させていただきました。なぜ興味を持ったかというと、・・・・」

このような感じで、話の内容が具体的で魅力的ならば、
嫌悪感は相当程度、緩和されるでしょう。

労働市場の変化。

その一方で企業にとっては、優秀な人材が引き抜かれるリスクが出ます。

これをリスクと見るか、メリットと見るかは価値判断の問題でしょう。

なぜならこれは両刃の剣で、引き抜きやすく、引き抜かれやすいということだからです。

リンクトインの説明では、優秀な人材がいることを示せば、
企業ブランドの価値が高まるということでした。

企業側がどこまで組織防衛するかが、リンクトイン普及の鍵になると思いますが、
人材の流動化は避けられない社会状況でしょう。

またリンクトイン社は、人材紹介業の方を排除するような意思はなく、
1つのプラットフォームとして利用してもらいたいという話でした。

「うちは、社員第一、会社の宝です」
こう口先だけで言っている経営者には、受難の時代かも知れません。

 

これからも関連記事を読みたい方、無料セミナーに参加したい方、特典レポートを読みたい方は、メールアドレスをご登録ください。全ては週2回配信される、メルマガでご案内しています。その内容は次の通りです。

  • 最新の記事や、必読記事のご案内。
  • 無料セミナーや、特典レポートのご案内。
  • 各種セミナーの優先案内。

このブログを一通り読めば、相当な力がつきます。ただ記事数が多いので、一気に読むのは不可能です(⇒全記事の一覧)。スマホで空き時間に読むなど、学びのペースメーカーとして、メルマガを活用して下さい。

 

関連記事

メールマガジンの購読

必読コンテンツのご紹介、セミナー情報、割引価格のご案内など、役立つ情報を提供しています。また最新投稿は、メルマガの方が早く読めます。

ページ上部へ戻る