戦時のマーケティングとは?

真の商売人なら、利益を義援金に回すべきだ。
支払いが義援金になるから、お客さんの満足感は高まる。
被災した方には資金を贈れる。だから皆にプラスになる。

えっ、自分の利益がなくなる? 冗談じゃない。
顧客リストが増えるんだよ。いったいどこにマイナスがあるんだ!

上記のツイートは、多くの方がリツイートしてくれました。
リツイートしてくれた方、ありがとうございます。

言いたいことはお分かり頂けると思いますが、ここで補足させてください。
最初に注意点が一つ。

ここでは純粋に、ビジネス視点で話します。

ビジネス視点で話すと、どうしてもドライな印象になるので、「義援金は純粋な気持ちで行うべきだ」という話になりがちですが、そうではありませんから。

被災した方のことを思うのは、当然の話であって、その上で、ビジネスを考えるという意味です。

特に今回は、これだけ大きな震災ですから、日本の経済全体が沈んでいます。

早く立ち直るには、ビジネスを活性化させることも、大切なことだと思います。

この点を最初にご了解ください。

それでは、ビジネス視点で説明します。

今の状況で、平時のマーケティングが出来るのか?

少しづつ、テレビCMも増えてきましたが、相変わらず公共広告が流れることが多いです。

震災直後のリスティング広告は、しばらく止めても良いだろうと、アドバイスした方もいます。

私もそう思います。

ブログのワード解析する会社は、震災後のポジティブワードとネガティブワードの比率を発表しています。

だいぶ回復してきましたが、それでもネガティブワードの比率は、平時の10倍あります。
http://www.hottolink.co.jp/entry388.html

震災に、原発に、計画停電。特に停電は、こたえます。

消費マインドが高まる状況ではありませんから、平時のマーケティングは、機能しないです。

何をすべきか?

その一方で、多くの人が被災した方に、何かをしなければと思っています。

義援金や節電もそうですし、買占めを止めるのも、そうです。

経済活動から見れば、被災地の商品を購入するのが、最初に来るでしょう。

事実、都内のアンテナショップは賑わっています。

アンテナショップで広がる支援活動
http://matome.naver.jp/odai/2130127307960621901

何をするかは、企業の置かれている立場によって異なりますが、今回の震災は日本経済全体を地盤沈下させかねない。

はやく日常のビジネスを回すことも、被災していない企業にとっては、大切なことではないでしょうか。

私は、どんな企業でも出来ることが、一部商品の利益を義援金に回すことだと思っています。

利益を義援金に回すことの価値とは?

利益をゼロに落とせば、損をするように思えますが、そんなことはありません。

1.ゼロにするだけなら、マイナスにはなりません。

2.ソーシャルネットワークに流せば、多くの人が広めてくれます。

3.コンバージョン率は上がります。

正確な比較は出来ませんが、今回の私の場合で言えば、コンバージョン率は、2.5倍から3倍くらいになっています。

通常より効率よく見込み客を集めることができるわけです。

ビジネス視点で見ても、プラスの要素しかない。

しかも、お客さんは自分の支払いが義援金になりますから、納得してもらえるでしょうし、被災した方に義援金も贈れます。

もっともっと、多くの企業が義援金に回せば、社会全体に貢献できるのではないでしょうか?

実行する際の注意点とは?

疑いを避ける。

単純に義援金を寄付するのと違い、ビジネスが絡むと疑いを持つ方がいます。

義援金詐欺もありますから、やむを得ないのですが、変に思われるのは困ります。

必ず
・ 何処に寄付するのか?
・ いつ寄付するのか?
・ どのように寄付した事実を伝えるのか?

これらはWeb上に表記してください。

純粋な思いを伝える。

純粋な思いを伝えてください。

義援金にするからといって、コンバージョン率が上がるわけではありません。
そこまでお客さんは甘くないです。

共感があって、はじめて成り立つ話です。

ですので、なぜ義援金をするかという、あなたの思いをぶつけることが大切です。

差しさわりのない綺麗言葉でなく、純粋な思いが必要です。

誰もが持っているはずですから、それを必ず伝えてください。

まとめ

少々長くなりましたが、ぜひ多くの企業に、取組んでいただきたいと思っています。

数が増えれば増えるほど、日本の復興は早まるはずです。

昔から「損して得とれ」と言われますが、今こそ「徳(とく)して得とれ」です。

徳と得は、同じ意味かも知れませんね。

 

これからも関連記事を読みたい方、無料セミナーに参加したい方、特典レポートを読みたい方は、メールアドレスをご登録ください。全ては週2回配信される、メルマガでご案内しています。その内容は次の通りです。

  • 最新の記事や、必読記事のご案内。
  • 無料セミナーや、特典レポートのご案内。
  • 各種セミナーの優先案内。

このブログを一通り読めば、相当な力がつきます。ただ記事数が多いので、一気に読むのは不可能です(⇒全記事の一覧)。スマホで空き時間に読むなど、学びのペースメーカーとして、メルマガを活用して下さい。

 

関連記事

メールマガジンの購読

必読コンテンツのご紹介、セミナー情報、割引価格のご案内など、役立つ情報を提供しています。また最新投稿は、メルマガの方が早く読めます。

ページ上部へ戻る