大震災から、商品の本質を知る!

東日本大震災がありました。多くの方が亡くなりました。
報道写真で、呆然と立ち尽くす人を見ると、
言葉にならない無力感に襲われます。

自分の身を振り返り、家族がいることに安堵し、
自分は恵まれていると思う。これが正直なところです。

日常生活では、家族と喧嘩することもあります。
そのときは、お互いを憎みあいます。

どれだけ憎まれ口を叩いても、
その人を失えば、私も茫然自失になるでしょう。

言うまでもなく、人は一人で生きていけません。
わたしなりに解釈すれば、自分以外の人がいなければ、
自分を見失うからだと思います。

人がいるから、自分を評価できる。
たぶん、間違っていないはずです。

話を変えますが、まったく同じことが価格にも当てはまります。

iPadが発売されたとき、私は安いと感じました。
そのときは、タブレット端末はiPadだけですから、
比較できる価格はありません。

それでも、ラップトップPCに比べれば、半値以下。
iPhoneよりは高くても、大画面で使いやすそう。

無理してでも比較対象を探し、比較しようとしました。
何かと比較するから、高い・安いという評価が成り立ちます。

これは、商品も同じです。

どれほど、独自性があっても、どれほど先進性があっても、
どれだけ画期的であっても、お客さんは絶対評価ができません。

必ず何かと比較があって、そのうえで良い、悪いと判断します。

だからこそ、商品を説明するときは、
必ず何か比較対象がないといけない。

商品だけを、どれだけ一生懸命説明しても、
比較対象がない限り、その素晴らしさは伝わりません。

極論で言えば、
競合を消し去れば、あなたの商品も消えてしまうのです。

競合を憎んでも、競合がいるから、その商品があります。
人を憎んでも、人がいるから、あなたがいます。

全ては同じ世界の出来事です。
私たちは、相対評価の世界に生きているのです。

■ 考える急所

競合を消し去れば、あなたの商品も消えてしまう。
商品説明には、比較対象が必要。




最後までお読みいただき、ありがとうございます。

このブログは深い内容をお伝えしているので、一通り読めば相当な力がつきます。

ただ記事数が多いので、全て読むのは大変です(全記事の一覧)。

下記よりメールアドレスをご登録頂ければ、最新記事セミナーの優待案内をお知らせします。




関連記事

メールマガジンの購読

最新記事や必読記事のご紹介、セミナーの優待案内など、役立つ情報を提供します。

ページ上部へ戻る