苦境を乗り越える言葉。

ビジネスをしていれば、誰でも苦境に陥ります。
そんな方のお役立てばと思い、ご紹介します。
自分を支えてくれた、座右の銘です。

 

上手くいったことを続けなさい。
上手くいかなかったら、修正するか、止めなさい。
(Brian Tracy)

 

「なんか当たり前のことだなぁ・・・。」

こう思われたかも知れません。

確かに平時は、何てことない言葉です。
当たり前といえば、当たり前ですよね。

ただし・・・。

自分が苦境に立った時、これは本当に「心強い言葉」に変わります。

ピンチに立てば、まず頭が混乱します。
何をしたら良いか、頭が整理できなくなります。

モヤモヤした中だと、決断が恐くなります。
その結果、袋小路にハマって、身動きできなくなります。

その時に、この言葉を思い出してください。

やるべき事は3つしかないと、気づきます。

  • 自分のアクションと結果を記録する。
  • 結果を良いと判断すれば、続ける。
  • 悪いと判断すれば、修正するか、止める。

結局やることは、この3つしかないのです。

 

そうすると、最初に気持ちが、落ち着きます。

大事な点は、アクションと結果を書き出して、意思決定の記録を残しておくことです。
なぜ記録が大事かといえば、次のピンチで前の意思決定を、振り返るためです。

これが極めて重要なポイントです。

なぜなら結果の良し悪しを判断するのも、けっこう難しいものです。
最初のうちは、正しい判断なんて出来ません。

ところが世の中は、本当に上手く出来ていて、間違った判断をすると、また同じことが繰り返されます。
そうすると、2回目は前回の判断を参考にすることが出来ます。

前回は、あの結果を良いと判断した。
けど実は、あれは悪い結果だったのではないか?

前回は、あの結果を悪いと判断した。
修正を繰り返した。それでも良い結果がでない。

これはもう、自分の分からない点に、上手く行かない原因がある。
一旦中止にして、誰かに相談しよう。

このように正しい判断が出来るように、変わっていきます。

 

私はこれが、人間の進歩だと思います。

ピンチが来るたびに、自分の意思決定を記録します。
最初は、精度の悪いコンパスでしょう。

ただ時間が経てば経つほど、それは精度の良いコンパスに変わります。

そうすると、本当の自信も生まれてくる。
そして意思決定も、恐くなくなる。

このように全てが時間とともに、良い循環になります。

 

少々偉そうに言いましたけど、私も起業してからは、ピンチの連続でした。

ただブライアン・トレーシーの、この言葉に出会ってから、何とかなると思ったものです。
直感でそれを感じましたし、間違っていませんでした。

今わたしの手元には、126個の記録があります。
それはエクセルで、1枚のシートにまとまっています。

1.自分の置かれた状況。
2.とったアクション。
3.結果。
4.その評価。

これがまとまっています。

最初は私だけに当てはまる、特殊な内容でしたが、数が重なると一般法則も見えてきました。
そうすると一般法則から、色々な判断が出来るようになります。

苦境は誰にでもやってきます。
それは決して、マイナスではありません。

勇気を持って前進してください。

 

これからも関連記事を読みたい方、無料セミナーに参加したい方、特典レポートを読みたい方は、メールアドレスをご登録ください。全ては週2回配信される、メルマガでご案内しています。その内容は次の通りです。

  • 最新の記事や、必読記事のご案内。
  • 無料セミナーや、特典レポートのご案内。
  • 各種セミナーの優先案内。

このブログを一通り読めば、相当な力がつきます。ただ記事数が多いので、一気に読むのは不可能です(⇒全記事の一覧)。スマホで空き時間に読むなど、学びのペースメーカーとして、メルマガを活用して下さい。

 

関連記事

メールマガジンの購読

必読コンテンツのご紹介、セミナー情報、割引価格のご案内など、役立つ情報を提供しています。また最新投稿は、メルマガの方が早く読めます。

ページ上部へ戻る